家庭でキレイにアンダーヘア処理

スベスベのお肌 近年、アンダーヘアに関心を持ち、自分でお手入れや処理をする女性が増えています。

「ムダ毛処理全般」に共通して言えることですが、カミソリや毛抜きなどの自己流の処理は、生えてくるまでの期間が短く、頻繁に処理する必要があります。しかも毎回大きな時間がかかってしまいます。

そのため、「永久脱毛してしまえたらどんなに楽だろう」と考える方も多いでしょう。

エステサロンでアンダーヘアは、わきについで人気が高い脱毛箇所とも言われ、多くのエステで永久脱毛の施術を行うことができる時代になりました。

しかし一方で、エステは時代遅れとも言われているのです。その背景には家庭用脱毛器の進化が大きく関係しています。

アンダーヘアに関するアンケート

アンダーヘア
脱毛に興味がある女性を対象に行なったアンケートでは、70%の女性がアンダーヘアを処理しているという結果になりました。処理方法は、約60%がカミソリなどを使って自己処理しているようです。そのうち90%が満足していないという結果になりました。

つまり、約半数がアンダーヘアをカミソリで処理していて、そのほとんどが満足できていないのです。

カミソリや脱毛クリームなどで処理を続けるのはトラブルのもとに

アンダーヘアの処理はなかなか人に聞きにくいこともあり、手探りでお手入れや、処理を続けている方も多いと思います。それが満足できない人が多いことにも大きく関係しているのでしょう。

アンダーヘア部分は皮膚が非常にデリケートです。毛を抜いたり、カミソリなどで何回も剃ることによって肌を傷つけ、「炎症」や「色素沈着」、「埋没毛」など様々な肌トラブルの原因になってしまいます。

これらのトラブルで困るのは、皮膚がザラザラとして汚く見えてしまうことです。やはり女性ならツルツルしたスベスベの肌でいたいものです。

今はまだ問題はないとしても、長期間にわたり、誤った処理を続けると、いつか必ずトラブルが起きますので注意しましょう。カミソリや毛抜きにも正しい処理方法がありますので、参考にしてください。

自分でアンダーヘア処理する場合の注意点

アンダーヘアを自己処理する注意アンダーヘアのアンケート結果を見ると、まだ多くの方が自分で処理している事が分かります。

・他にどうやって処理したらいいのかわからない
・エステにいくのはお金がかかる、不安
・処理してもらうのは恥ずかしい

など理由は様々でしょう。自己処理も脱毛手段の一つですので悪いことではありませんが、問題は肌に負担のかかる処理を長期間続けることなのです。

チェック自分で処理するときの正しい方法
処理の種類によっては、肌にかかる負担を軽減する方法があります。また、間違った認識がトラブルの原因になることも多々あります。自分で処理している方は長期間の処理はおすすめしませんが、できるだけ負担を小さくすることが肌にとって重要です。

カミソリで処理

ムダ毛処理の定番はやっぱりカミソリでしょう。テレビCMでも有名人を起用し宣伝しています。
最近では、女性専用のシェーバーブランド(ジレットヴィーナス)が、モデルで活躍する道端ジェシカさんを起用し有名になりました。

最近のカミソリは、肌に負担をかけないように設計され、よく剃れるのは良いのですが、正しい処理の方法を知らないまま使用する方が多く、それがトラブルの原因にもなっているようです。

脱毛クリーム・脱毛ローション

脱毛クリームは、毛のタンパク質を溶かすことによって、ムダ毛を処理するアイテムです。ただし、刺激が強いためにアンダーヘアに使用できる商品は少ないです。腕や足、わきなどに使用するのが一般的ですので、皮膚がデリケートな箇所に使用するのはやめた方が良いでしょう。

脱毛クリームで処理をしても、毛根はそのまま残りますので、長期にわたり使用を繰り返すことになります。そして、処理する時に皮膚のタンパク質を溶かしてしまいますので、使いすぎには注意しましょう。

最近では、皮膚への刺激も少なく、使い続けることで毛の発育を抑える「抑毛ローション」を選ぶ方が多いようです。

毛抜き

毛抜きはムダ毛を抜いた後に、新しく生えてくるまで時間が長いので、つい抜きたくなる方も多いのではないでしょうか。毛抜きを続けると抜いた周囲の皮膚が盛り上がり、ザラザラした鳥肌のような肌になってしまいます。そして経験ある方も多いと思いますが、赤くなったり炎症を起こしたりしてしまうのです。

特に、肌がとてもデリケートですので、アンダーヘアの処理やお手入れの時に、毛を抜くのはやめた方が良いでしょう。

最近ではブラジリアンワックスで、VIOラインの毛を一気に引きはがす方法も有名です。手っ取り早い方法ですが、毛を抜くわけですから当然大きな痛みと、肌への負担が伴います。

進化した家庭用脱毛器

自宅でアンダーヘアを処理したいと思う女性は多く、その背景には、金銭的な問題もあると思いますが、やはり、誰にも見られる事なくプライベートな時間と環境のなかで脱毛を行える気軽さ、お手軽さがあると考えられています。

そして、エステが時代遅れと言われている理由は、最近の家庭用脱毛器の低価格化と、その高度な性能にあるのです。

家庭用脱毛器の頂点 「ケノン KE-NON」

アンダーヘアを自己流で処理している方や、これから脱毛処理を考えている方、どうしたら良いか分からずんんとなくお手入れしている方に、家庭で痛みも少なく、短時間でキレイに処理できる、家庭用脱毛器「ケノン」を紹介します。

フラッシュ式の家庭用脱毛器ですので、光のエネルギーがメラニン色素の濃い毛根に集中し、毛根の再生機能を失わせます。それにより、数回の施行により永久脱毛に近い効果を得られるわけです。

イーモの人気ランキング

楽天の家庭用脱毛器ランキングを独占し、多くの方に利用されているケノンは信頼と安心感が違います。

ケノンを使うメリット

アンダーヘアを自己流でお手入れしたり、エステで処理する場合には様々な問題点があります。

一般的に言われている、それぞれの問題点をまとめました。

その問題点を解消して製品化されたケノンを使うメリットを紹介します。

自分で処理する問題点

・肌を傷つける心配
・色素沈着や炎症などのトラブル
・処理に時間がかかる
・すぐ生えてくる
自己処理で脱毛からイーモへの矢印画像

エステで処理する問題点

・不衛生などによる感染症などの心配
・信頼ある人気エステは、長期間の予約待ち
・恥ずかしい
・はじめは安いが通うと値段が高い
エステ脱毛からイーモへの矢印画像

ケノンで脱毛処理

    イーモでアンダーヘアを脱毛処理
  • お肌に優しいフラッシュ式
  • 照射面積が広く時間がかからない
  • 毛根を破壊して、永久脱毛に近い効果
  • 安全設計
  • 感染症の心配なし
  • 好きな時間に好きなだけ
  • ローコスト
  • 出力調整で自由自在

現在ベストの処理方法=家庭用脱毛器

アンダーお手入れする女性のイメージもちろん、良心的なエステも多く、問題ばかりではありません。

しかし、問題あるエステが、未だに多く存在することは間違いありません。

→エステについてさらに詳しく見てみる

エステを選ぶなら、しっかりと吟味して、信用できるところを選ぶ必要があるでしょう。そのような中で、エステではなく家庭でアンダーヘアを処理する方が増えているのは、恥ずかしさもなく、好きな時間に気軽に使うことができることが大きいのだと思います。

全身に使えて、美顔器としても使えるから、コストパフォーマンス抜群!

もちろんアンダーヘアに限らず、全身に使うことができます。そして、オプションとして付属されているカードリッジを交換すれば、美顔器としても使うことができるから、費用対効果は抜群の商品です。

本体があれば、家族みんなで使うことができます。ひげやワキの脱毛や美顔器など、それぞれの用途に合わせて自由に使えるようにと、最近では自分だけの「マイカードリッジ」を持つ方も増えているようです。

このページの先頭へ